2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る



『神様のカルテ』 の二巻を購入した。
 二巻からというわけはなく、もちろん一巻は読了済みである。
 映画化されるとか帯に宣伝が謳ってあるが、そんなことはどうでもよろしい。
 作中のはじめのエピソードに王ヶ頭ホテルが登場したのが、どうにも身近であった。
 合宿の最終日、夏でありながら雨が降って凍える思いをして通過したのが王ヶ頭。そしてこのホテルだ。
 標高2000メートルにあるホテルなのだが、雪で閉ざされる冬場、遭難の危険すらある標高ながらも冬季営業を行なっていると作中にある。
 冬山、雪山となれば素人の踏み入ってよい場所ではないが、ホテルの迎えなどもあると、作中に記載されているとおりなら、ぜひ行ってみたいものだ。
 標高2000メートルの雪山だ。それだけでなにか心躍るではないか。

 標高差200メートルの丘で目を白黒させているレースも、冬場は関係ない。まあ、オフシーズンのトレーニングも考えねばならないが、そうした過ごし方の中に身体を動かし、なおかつリフレッシュするのも良いであろうと、あれやこれやと模索する次第。

 ついでに作品がどんなものかと記そうかと思ったが、時間も時間なので割愛させていただく。
 読後にこの日記を読むとにやりとすること間違いなかろう。いや、それは嘘だ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。