2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あー、久しぶりに更新しますね。

 レース遠征から石見ライド02まで、自転車と車で移動距離が5000kmくらい??
 大会のサポートではコースをあちこちいったりきたり。
 これだけ動いていれば、相対性理論から言って周囲より少し若いかもしれん。

 さて、石見ライド02は無事に終了しました。
 参加者の皆さんありがとうございました。

 さて、大会では車で皆さんをサポートしました。
 コースはガレた場所が多く、パンクも多かったですね。
 仕方ないパンクもありましたが、準備の段階で防げたパンクもありました。
 そして、パンク修理(チューブ交換)ができない人、できても修理経験が少なくて手つきがおぼつかない人、チューブ交換できているんだけど、確認する手順が2、3たりない人、さまざまなシチュエーションを見させてもらいました。

 そういったことを教えてくれるプロショップとの付き合いはとてもプラスです。ショップは情報も持っていますから。

 そして、交差点の信号無視を一件目撃。車も横から出てきて僕は肝を冷やしました。
 その後、僕にしては珍しく怖い顔で注意したので、反省していただけたと思います。
 規則で言えば、その場でゼッケンを外してお帰りいただきますのでご注意を。

 つぎに具体的な走行技術の点。
 下りのコーナーで足を止めているとき、足を止めるのはいいのですけど、コーナーのイン側のペダルを下にしている人がいまして。
 つまり、右コーナーなら右足が下になっている状態ですね。
 角度がきつくなると、当然ペダルを地面にこすって転びます。
 コーナーの外側のペダルを下にして踏ん張ると車体が安定してスムースなコーナリングに繋がります。
 自転車が安定するということは、それだけ安全ということですから、覚えておくと身のためですよ~。

 とまあ、知っている人には些細なことですが、始めたばかりとか、まったく知らなかったという人に、教えたいことがいっぱい見られた大会でした。
 あ~、楽しかった。
 

 さてこれから関東に戻ります。
 チームと合流して、次の遠征に備えなければ。
 チームメイトとの練習は、ものすごい練習効果を生みます。冬のようにトレーニング遅れを出すのはメンバーとして許されません。

 冬にトレーニングメニューが遅れたとき、僕はまだチームメンバーと、チームメイトになれていませんでした。明らかにパフォーマンスが劣っていたのです。メニューの遅れはそれほどでした。調整レースでチームメイトからいともあっさりと千切れたとき、チームメイトに成れていない、と思いました。

 一日一日を大事に乗りたい。
 練習は疲労を回復させてはじめて練習といえます。だから、まとめて何十時間も乗って取り戻すということはできない。一日一日の練習をきちんとこなすしかないのです。
 立って歩くより、サドルに跨っている時間のほうが長いというのが、誇張ではなくホントノコトなのが僕らという人種なのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://juurokuzenjin.blog88.fc2.com/tb.php/39-6b5566a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。