2017/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カズがロングに行こうと先日言っており、トガリンともそういう話があったので、スケジュールを合わせて行くことにしていたら、シュンタロから長めに行きませんかという誘いがあったので集合場所と日時を打電。南南西に進路をとれ。

 厚木経由で、すだセンセーも連結。一路箱根へ。

 箱根は旧道を登る。七曲を登りながら、太陽にほえろは七曲署だよね、と言ってみたが通じず。
 乙女峠を越えたが、乙女はこんなところにはいないらしい。
 須走口を横目に籠坂峠を越えて道志へ。
 道志みちは、最終的には高速ローテーション。

 足も追い込めたが、心拍も相当いい感じだ。
 ここ数年、あまり心拍が上がらない状態で心拍170あたりでオールアウトに近い苦しさを感じていたものだが、ここのところはそこからさらにアクセルを開けることが出来る。帰宅してデータをざっとみたら、186まで上がっていた。現状はこれで最大だろう。が、感覚的に苦しさが薄らいできている。
 もうしばらくしたら、昔みたいに200近くまで戻せるのか? 年齢とともに最高心拍は落ちるものだが。
 大雑把で当てにならないと言われている220-年齢=最大心拍にあてはめると、220-33=187だから、今日の数字は近いんだけど。ここからもう一歩突き抜けて体が動くなら、きっと登りが面白いことになるだろうなー。
 ペダリングの改良が進み、足が終わらずに登りで追い込み続けられるのが良いのだろうか。
 すべては集中力だが、集中力を生み出すにはいろいろな要因があると思う。

 日没と帰宅はほぼ同時。
 シュンタローはさすがに自宅まで戻れないので車に乗っけて送ってきた。
 お礼に紅玉をいただき、とざいとーざいのネタで今日はしめ。
 いやしかし、とざいとーざいって、俺的にはあれなんだが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。