2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週から、新潟国体に行っていたのだけど、昨日帰宅。

 日曜日に行なわれたロードは、なんだか足が重くて、前日もじっくり体を流したけど切れが戻らず、最終局面にたどり着けないまま千切れてしまった。

 国体はトラック競技もある。出番は水曜日で、それまではなんとも暇だ。ほかの島根県メンバーががんばっているなか、人手が必要なところだけサポートして、あとは練習したり体をやすめたり。

 やっと出番の水曜日、種目はポイントレースだ。正直、以前の岡山国体の、ケイリンでの落車で、バンクの落車には恐怖感がつきまとう。ロードとは違うダメージがあるので、実力差がお話にならなかったら、無理せず無事にゴールしようと思っていた。
 そうしたら、予選は無難に通過してしまった。というか、2位通過だ。自分の計算より多くポイントを取っていたらしくて、12点。5~7点で問題なく決勝に上がれるから、こりゃ出来すぎだ。
 これ、決勝だったらいいのに。勝ってないけど。

 ところで、競技に入るにあたり、使用する機材の検車があるんだけど、その受付で、なんと規定重量に500グラムも足りない?
「高い金かけて使えねえんだからなあ」
 と、競技役員に厭味だか冗談だかよく分からんことを言われたが、いやこの自転車は国体でもはや常識となっている某社のフレームよりぜんぜん安いし、変哲もない自転車だよ。
 一番小さいサイズで、ただのアルミフレームなんだが、ピストとなると余計なものがなんにも付いていないから、現在の技術ではあっさりと6.8kgを割ってしまうのだ。
 それだけ、エアロ形状や剛性アップに性能を割り振るための重量に余裕があるということか。

 慌しく、チームメイト・島根ヤマシタの自転車を借りて、自分用にポジションを直し、再検車して、予選を走ったわけだが、今度は決勝となると、ギヤが足りない。
 たぶん決勝は予選なんかよりぜんぜん速くて、少しギヤを重くしないとスピード負けしてしまうのだ。
 ギヤを換えるとなると、チェーンも長さが足りない。変速機がついていれば、チェーンの長さなんて多少ギヤの大きさが変わってもどうということはないが、ピストは前後のギヤの組み合わせにあわせた長さのぶんだけしか、チェーンを張らない。というか、張れない。ロードは、変速機のプーリーがギヤ比に合わせてチェーンの余りを調整してくれるのだけど、ピストは当然変速機がないから、そういう機構はないのだ。

 で、決勝に合わせてギヤを変えたいが、ピスト機材についてはそもそも借り物生活なので何にも用意がない。
 そこで、すごいよマサルさんに電話した。さすがすごいよ、電話一本で全部揃ってしまった。

 どたばたと自転車をいじって飯を食って決勝は・・・やっぱり甘くない。優勝争いは20点強で、僕はやっぱり12点。
 最後のアタックは欲が出て失敗だったね。
 でも、とりあえずこれくらいとれば入賞できるだろうと思っていた。なんとか地元に貢献できてよかった。
 県のえらい人は、前の日には観に来ていたが、この日はいなかったようだ。残念でした。多分、観に来ていたら入賞できなかったんじゃないかな。そんな気がする。そういうめぐり合わせだ、きっと。
 別に知らないおじさんと握手しても嬉しくないし、知っている先生や仲間に喜んでもらったほうがよっぽど嬉しい。

 優勝争いか・・・それにはちゃんと準備が必要で、勝った選手はロードはもちろん、ずっとバンクにも入って鍛えていたようだから、それが報われて良かったと思う。

 そんなわけで、久しぶりに入賞してほっとした。これくらいで喜んでいるから、勝ちに絡めないんだろうか。まあ、それはそれ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。