2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3ステージ 太地町 105.6km 9.6km×11周

 総合はまったく関係ないので、展開を見て逃げに乗るということをミーティングで話した。とくに、許容される逃げに乗りたいが、決まってみないとわからない。
 アップ中、足は軽い。宿舎の階段を下りたときも、足の疲労が少なかった。昨日、勝負できなかったせいだ。
 だが、スタートしてみるときつい。足の軽さは気のせい?調子悪いのか? いや、それこそ気のせい。前では残り少ない山岳ポイントの奪い合いで、もっときついことをしている。
 なかなか前に上がれないが、少し我慢していると集団が緩み、するすると前に上がっていけた。
 集団が緩んだときこそ、前に上がるべきだ。休むにしても、アクションを起こすにしても、前のほうが良い。
 ちょうど逃げが決まっていて、するっと上がったついでにすっと乗る。これで決まるかな? という人数であったが、丸一周走って吸収。そのままもう一度、集団が分裂。
 まずいなあ、と思いながらも乗れなかったので、様子を伺いながらホームストレートに戻ってくる。
 ゴールを過ぎたあたりで数人が抜け出し始め、しばらく間をおいて抜け出そうとしていたチームコルナゴの中山選手に同調し加速。
 後ろに橋川選手らがつき、うまく抜け出せたのをみてローテーションで前に合流。
 これがセカンドグループとなり、さらに前を吸収して十数人の先頭グループとなった。

 メイン集団は梅丹本舗GDRのコントロール下にあったようだが、前はとにかく淡々と回る。
 2分のタイム差を稼ぎ出し、残り3周で1分36秒差をインフォモトの黒板が告げる。
 残り2周の周回中に、レオン・ファン・ボン選手がアタック。真鍋選手が反応する。僕も反応すべきだった。足が重くて、力を振り絞る勇気が無かった。
 さらに間の悪いことに下り区間を間に挟んだ。ドライの路面だが、昨日の恐怖心はぬぐいきれない。
 機を逸して、三つに分かれた逃げグループの後ろに残された。

 ラストラップでメイン集団に吸収、遅れてゴール。
 結果は残念だったけど、展開を傍観してレースを過ごす立ち位置から、一歩前に進んだ、という手ごたえを感じられた。
 次のTOJでも、なにかできると希望を持てた三日間だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。