2010/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2010/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 UCIワンデーレースのアジア最高峰カテゴリーになるジャパンカップだが、ハイカテゴリーであるがゆえにチームのカテゴライズの都合もあり、湘南ベルマーレは前日のオープンレースに出場。
 とはいっても、ここで勝てないようでは本番に出てもお呼びではない。
 もし来年こそは、と思うなら、今年勝てなかったのだから、来期のJツアーで相当の活躍をしなければ。

 去年は有力選手が互いににらみ合いながら、力の削り合いをしつつ最終ラップに突入した。
 今年もアタックはかかるが、逃げグループのタイム差は50秒までの推移しか許さず、集団から警戒されている。

 コースレイアウトで気をつけるのは、古賀志林道の1キロほどの登りと下り、そしてゴール前に下る手前の丘、鶴カントリーの激坂だ。
 古賀志林道はたんたんと登り、下ったあとで先頭グループにひとまとまりになるであろう位置でこなす。クライマーのようにするすると登れないので、先頭のほうに離れていってしまう少人数は、無害なものといくらか割り切って見送らなければならない。するする登れるのなら、先に上って下りで休めるし、攻めに転じればそのまま踏んでいけるのだが・・・。

 残り二周。古賀志の登りの早い段階で数人が先行した。いくらかバラけているが、下りでその数名がグループを形成するだろう。
 このとき、サドルから立ち上がって追うべきだったが、なぜ立ち上がれなかったのか、危機感を持てなかったのか。足がきつかったからか、心拍がオールアウトする恐れがあったからか。ここで踏まなかったら、まったく意味が無いのにペースで登ってしまった。
 先頭グループに、やはり40秒前後の差で集団が形成し、追走する形となったがうまくいかない。
 前にはチームメイトの平林選手が乗っているので、できれば単独もしくは2,3人で追いつきたいが。
 平林選手のスプリント力を考えると、僕もそこにいなければチームとしては磐石ではなかった。

 結果として、集団は先頭グループに追いつけないまま。
 何度か抜け出しを図って足を使った僕は、集団からも遅れていたが、数人の選手となんとか踏み直して戻り、ゴールスプリントで全体としては11位だった。

 逃げに乗っていた平林選手は6位入賞。単独で苦しい戦いを強いてしまい申し訳ない。
 優勝は小段選手、2位は栂尾選手。




スポンサーサイト
神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る



『神様のカルテ』 の二巻を購入した。
 二巻からというわけはなく、もちろん一巻は読了済みである。
 映画化されるとか帯に宣伝が謳ってあるが、そんなことはどうでもよろしい。
 作中のはじめのエピソードに王ヶ頭ホテルが登場したのが、どうにも身近であった。
 合宿の最終日、夏でありながら雨が降って凍える思いをして通過したのが王ヶ頭。そしてこのホテルだ。
 標高2000メートルにあるホテルなのだが、雪で閉ざされる冬場、遭難の危険すらある標高ながらも冬季営業を行なっていると作中にある。
 冬山、雪山となれば素人の踏み入ってよい場所ではないが、ホテルの迎えなどもあると、作中に記載されているとおりなら、ぜひ行ってみたいものだ。
 標高2000メートルの雪山だ。それだけでなにか心躍るではないか。

 標高差200メートルの丘で目を白黒させているレースも、冬場は関係ない。まあ、オフシーズンのトレーニングも考えねばならないが、そうした過ごし方の中に身体を動かし、なおかつリフレッシュするのも良いであろうと、あれやこれやと模索する次第。

 ついでに作品がどんなものかと記そうかと思ったが、時間も時間なので割愛させていただく。
 読後にこの日記を読むとにやりとすること間違いなかろう。いや、それは嘘だ。

 だめだー。気分が沈む。

 今年はいい結果もあったが、その後いい走りができず、そのままずるずるだ。
 来年もこのままベルマーレの選手として継続できるが、本当に厳しい年になるだろう。

 チームの役に立たない選手は必要ないのだから。

帰ります。

夕日が悲しいです。
 お腹が・・・お腹が空いたよう(泣)

 ちょっと先日食べすぎたので、体重調整で食事は少なめ。
 たとえシーズン中の運動量でも、僕が好きなだけ食べ始めると65キロくらいになってしまう。
 体重が軽い選手と体重の話をしていると、太れないという悩みも存在するらしい。太れる太れないで語るなら、僕は太れるほう。パワフルな選手になるには向いているが・・・

 と、ここまで書いていたら急に腹が痛くなってトイレへ。稀な激痛。だいぶおさまったが、まだ少し波が来そうな気配。
 なにかに当たったか?
 腸内すっきりしたら、体重減るな。

 とりあえず食欲はなくなった・・・。
 今日の練習中のことだ。がさがさっ、と茂みから動物が。
 どうせ、鹿かサル・・・猪だとぅ~!?

 でっかいのが二頭つらなって、どてどてと道路を横断していった。
 ウリ坊は一回だけ見たことあったが、おっきくなったのは初めて見た。
 そりゃ、子供がいれば大人もいるよなあ。

 それにしてもこっちに向かって猪突猛進されなくて良かった。英語で言うとイノ・チャージだ?! イノというとベルナール・イノー。漢字で書くと鐘鳴 猪・・・あほか。
 あんなのに突っ込まれたら死ぬかも知れん。

 写真を撮りたかったが、カメラを取り出すまもなく山の中へ。

 おお、ネットでチラッと調べたら、突撃を食らうと太ももの高さに牙があるので、動脈が傷ついた場合、危険だとあるぞ。なかなかデンジャラスだ。

 あー、珍しいもん見た。

 今日はいい練習ができたが、そんな話はどうでもいいやという気になった。

熊本国際ロードのために山鹿市にやってきました。

レカロシートだと!?
 いわきクリテリウム。苦しかった。中切れをされ、埋める。そして苦しくなって中切れする。

 なんと器が小さく底の浅い男だ、僕というやつは。自制がきかない。口にする必要のあることと、必要なかったこと、半分半分。レース中、叱咤も必要だが、要らん罵倒もある。必要なのが叱咤で、要らないのが罵倒か。
 そんな内容の日記を、随分前にも書いたことがある。成長せんな。

 もちろん、一言言わねば、と口にした分もあるのだが・・・。
 それにしてもリタイヤした後のみじめな事といったらこの上ない。

 今回は力より走る位置だ。ずけずけと前に割って入る図太さがあれば、今日は楽なレースだった。言葉ではなんとでもいえるが、少なくとも例年よりは楽ないわきであったはずだ。

 帰りの車内は、眉間に皺がよりすぎて軽く頭痛。
 車内の雰囲気は明るいが、いいのか君ら。空気を悪くしたくなかったので小言はなし。自分のリザルトが悪いと、説教も八つ当たりになりかねん。だからここに書く。
 ぬるさに浸りすぎてないか?

 国際レース、国内トップカテゴリー、そして手ごろなレベル。三つのカテゴライズでレースが残っている。
 それぞれがんばらなくてはいけないけど、ジャパンカップ・オープンレースで、昨年までの様なことが無いように。

ベルマーレカラーの新型。
マイセッティングに合わせて、いわき出撃。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。