2009/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まさるのブログに載ってたので転載してみた。ツールドフランスのテーマ曲に使われていたやつだ。

かつて、宇宙飛行士は空軍のエースパイロットにその技量を求められていた。
一方、航空技術は音速の壁に挑戦する時代。
テストパイロットか、宇宙飛行士か。それぞれが誇りを賭けてそれぞれの挑戦に立ち向かう・・・という話だったような気がしないでもない。
ライトスタッフという映画のメインテーマ曲だ。絶版だったが先ごろ再販されたと聞いたが。

この曲に窪田等のナレーションが入るとドキドキと聞き入ってしまうな。
というわけで、僕はNHKがツールの放送をしていた時代は知らないのだ。
まあ、今を戦う僕らには必要ない。と、強がっておこう。

あー、再販されたのは映画のDVDだった。
CDは無いのかな。でも80年代映画のCDで音源が手に入るぜい。



なかなか聞き覚えのある映画の曲があるな~。
「俺たちが国を愛するように、国も俺たちを愛して欲しい」
なんてランボーの台詞を水野晴郎が解説してたけど、そんな水野さんも亡くなりましたな。
ただのアクション映画かと思いきゃ、その解説のおかげでその台詞だけはジーンと来たなあ。忘れてないしね。

そんなわけで、いやあ映画って、いいもんですねー。

さよなら、さよなら、さよなら・・・は、淀川長治。



おまけ

スポンサーサイト
20091205181012
今日は高級です。

お前は高級か?
と、問われそう。
 最近は、ペダリングを省みることが多い。オフに入って千切ったり千切られたり、という場面がないからだろうか。
 じっくり乗りながら、黙々と内面を観察している。
 オフトレの手始めにサドル高を上げた。その感触はというと、もうこれ以上は上がらないという感じ。現時点では確かにそのとおりだ。でも、一緒に練習しているハツヤマに聞くと、余裕があるように見えるらしい。現在の高さに慣れて、さらに引き出せるものがあるのなら、また上げるもよしとする。
 いまはこれが精いっぱい。

 なぜサドル高を上げることにこだわるのか。踏みやすさとか、回転との両立で悩んだりとかいろいろあるが、それを改善して突き詰めていって、究極的にこれが正解なんてものは僕には言えない。
 ただまあ、今のところこの方法で自分の能力を開発しようと考えている。
 細かくは直接聞いてくれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。