2009/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2009/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090731214714
スポンサーサイト
 レース中、いらいらカリカリ。なにをやってるんだか、僕は。まあ、余裕が無いんだろう。ちょっとでも無駄な力を使うと千切れてしまうから、周囲の状況に目を光らせておかなくては。それも、行き過ぎると気持ちの懐の深さにまで余裕をなくしてしまって良くない。
 ヘルメットの上からぽかぽかと頭を叩いて反省。

 結局、レースは喰らいついていったが、3回目の登りで遅れた。
 単純にフィジカルな問題だ。
 選手の脚質に得手不得手はあるものの、リザルトは大まかにみれば普通のロードレースでも強い順に並んでいる。
 もちろん、多少は普段のリザルトと並び違いはある。でもまあ、反省点を洗い出すなら脚質を言い訳にすべきではないな。

 僕の場合、やはり58kgくらいのほうが、競技力が向上するのではなかろうか。
 石川ロードは、後手に回った。実力的には、最初の逃げに誰かしら入ることが出来るチーム力があるが、機を逸した。
 チームメイトが他チームと協力して集団を牽引してくれた。完全に逃げを吸収するまでには至らなかったが、アタックによる活性化でなんとか逃げを吸収。
 そこから優勝争いの4名が抜け出してしまった。そこには入れなかったが、自分はもっと苦しまなければ駄目だ。
 チームメイトが押し上げてくれてそこにいるのだから。

 それでもまだ入賞争いの集団には残っている。足は立ち上がると痙攣する状態だがフォームを変えてアタックやスプリントする手立ては残っていた。
 それがゴール前の落車に巻き込まれて、笑うに笑えない。謝罪されたがすぐには受け入れられず、しかしさっと気持ちを切り替えて仲直り。落車は誰にもつきものだ。
 ただ悔しいのは仕方ない。
 次もがんばろう。
 タイトルに困ったらそういうタイトルになった・・・。
 カーンと突き抜けた晴れとでも言いたいのか?
 実際青空だけではなかった。若干、梅雨前線とともに撤退し損ねた黒い雲が残っていた気がするが、それでも梅雨は明けたそうな。
 そんな昨日。

 スバルラインに行ってきた。気温が高いので、山中湖方面まで標高を上げる。
 道中は暑いから、嫌気が差さないようにのんびりと、しかしだらだらしすぎないように気持ちだけはちゃきちゃきと道志みちを登る。
 本格的な夏に入ると、山中湖畔でも暑いのだが、まだまだ26度で涼しかった。さらに富士吉田方面に足を伸ばせば、真夏でもぐっと気温が落ちる。
 スバルラインに入って、ロングの乗り込みもかねているのでもがかずゆったりと登るが、それでも1時間以上、負荷をかけ続けて登るのでいいかげんにだるくなった。
 長時間、出力し続ける練習も必要だよな・・・。
 特に、ロードレースはベースの少しリラックスした状態である程度速くないと、常に全力では、加速が掛かったときにそれ以上あげられないのでは困る。

 考察はおいておくとして、スバルラインを下ったら、日没が差し迫っていた。そういえば、時間の計算をしてなかった。帰路の途上で日が暮れるぞ。
 急いで帰るが、長距離で足がすかすかのだるだるです。とりあえず、完全に暗くなる前に道志みちを抜けられる目算がついたので、たんたんと下界へ降下。
 山中湖畔で富士山の山影が僕を見送っている。
 ひぐらしの鳴く頃に、道志村を抜けた。

 無事帰宅。

 心拍計の値を信用するならば、5000キロカロリーを消費した。脂肪だけを燃やしているわけではないはずだが、一日の摂取カロリーをこちゃこちゃと計算してみても、数回やれば体重が1キロくらい落ちそうな具合。
 バンクといっても銀行ではない・・・。

 ・・・・・・・・。

 ブルセギンといぶし銀は似てるよね。

 ・・・・・・・・。

 まあ、どうでもよい。

 週末は、田舎に帰省して国体予選に出てきた。といってもトラックレースのほう。
 ロードに出場希望だが、選考は受けないといけないので帰った次第。

 ピストフレームは、実家にあったかな? と、しまいこんだ自転車を確認してもらっておいたのだが、ホイールが無い。ホイールは借りることにしたが、超弩ノーマルホイール。ピストの意気込みを考えると別に構わない。
 1KmTTは、ディスクとバトンホイール、DHバーをつければ、7秒くらい縮まるのか?
 む、せめて5秒は縮んでくれ。
 でもどうせ僕は1kmTTの代表じゃないしな。
 ハロンを縮めるには、機材より先に駆け下ろすタイミングの練習で1秒くらい縮まりそう。

 というわけで、両方ともタイムは内緒だ。
 そもそも、なにを言っているのかピスト競技を知らない人にはわからないね・・・。

 久しぶりのバンクだ。最後にバンクで走ったのは、岡山国体の競輪が最後。後ろからロックオンされて体当たり撃墜落車。サドルの上に仰向けになって背中から落ちたんだっけな?
 骨折はしにくい落ち方だったね。(周りに最近、鎖骨ポッキーズが多い)

 そんな思い出のピスト競技なので、練習時間にはひたすらバンクの上にあたる外周を走って慣れておいた。見下ろすと高~い。国体のポイントレースは、3次元的に選手が群がるので、まるで空戦の様相。
 回っていて、拒絶するほどの恐怖は無かったけど、ピスト競技で選手同士密集するのはやだなあ。
 いまはそこにリスクを負うべきではないから。
 ロードでしっかり結果を出して、ピストはほかの選手に任せたいところだ。

 さて、今日の練習は移動疲れもあってローラー台でさっと済ませた。
 朝の体重は60.2kgで、練習後は59.2kg

 長距離練習が効いて、脂肪が落ちているな。石川ロードまでに、長い距離はあと2回かな。
 朝の体重が59kg台だとよろしかろう。
20090711103514
国体のときに造られたそうな。
20090710234021
ひかりやがります。
20090710211647
ヘンな住人が鎮座していた・・・。

ウニ?
20090709140050
涼しいなー
湿度はあるけど。
20090709133917
みさか路マンには会えなかった・・・。
 今日の練習は埼玉方面。
 サノ、トガリンの両選手と一緒だったが、途中でイーノ選手も引っ掛けて、4名となった。
 なかなか珍しい連合艦隊。

 イーノ選手には珍しいものも見せてもらい楽しかったです。どもども。

 その後、やまーねはみるみる弱っていき・・・ダイエットによるスタミナ切れか、暑さのせいか?
 そもそも、今ひとつ疲れが抜けていないので、軽いもがき合いに加わる元気が出ない。

 でも、体の底に残った使われていない脂肪をこそぎ落とすまでは、我慢してダイエットかな。
 そのために食事をがっつりと食べていないので、スタミナも落ちているのかも・・・ということは、強度はあまり上げられない → ベース作り的な乗り込みが今週の練習の主体になる。

 予定通りではあるが、ご近所さんの栂尾選手が高い強度で練習するので、効率よく一緒に上げていきたい気もする・・・。
 ジレンマだけど、両方いっぺんには出来ないので仕方なし。

 帰宅すると、練習後の体重は59kg。水分が抜けているだけで当てにはならないけど、変動幅の下辺が下がっているのはうれしい。
 目標体重に達すれば、水分が抜けた体重は55kgくらいか? まったく違う体だな。
 ローラーで黙々と練習していたときのことだが、シッティングのペダリングについて、弱いなと思うところがあり、今日は夕方からジムに行って補強トレーニングをしてみた。
 いやなに、特別なことではないのだが。

 ほかの練習に障りがあるといけないので、補強したい部分だけ筋トレして、さっと帰宅。
 筋力トレーニングは疲労する分、回復を待たなければならないのでロードワークのボリュームが下がってしまう。

 その他、最近は長距離、あるいは長時間の練習に重点を置いている。
 シーズン後半に向けて下地の作り直し、とか理由が付けられるかもしれないが、どちらかというと、目的はダイエット。
 ダイエットというか、長距離の練習を重ねることで、もっと持久力のある体に作り変えたい。
 そもそも、すでに体脂肪はかなり削れていて、これ以上はちまちま食事を制限しても、体重を落としがたい。練習するためには、それなりにしっかり食べておかなければならない。練習で消費したカロリーを心拍計の表示などを頼りに考えて、カロリーがプラスにならないように食事を摂る。
 ・・・誤差が多くて難しい。

 となると、練習で多めに削って、しっかり食べてもマイナスが出るようにするしかない・・・。
 で、去年も同じようなことをいっていたのだが、これまでに無い体重の体に変えたい、とまあそんな思惑。

 今年は、小川村も、どうやら僕がチームで一番の成績を引き出さなければならないようだ。
 疲労している若手。伸び悩むチームランキング。

 今年のポイント制度は、上位入賞者を持たないと厳しい。
 逆に、これを何とかできれば・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。