2008/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2008/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 都道府県対抗ロードは11位だった。
 なかなか決まらないアタックが、ついに決まって55秒のアドバンテージをインフォモトの掲げる黒板が告げたとき、この7名のグループでゴール勝負までいけるかと思ったが吸収されてしまった。
 その後抜け出した3名の逃げが決まってしまった。

 僕も行くべきだったが、集団のしつこさに判断を誤ったな。
 集団は、そのときにはなぜかしつこさを失って逃げを許す。ああ忌々しい。が、そんなものだ。

 なんだかんだと足を使って、単独で入賞ゴールを目指すがつかまり、渋い足でスプリントして11位。どうせ飛び出すなら、フレッシュな状態で残り500から行ったほうが僕向きだったか?


 
スポンサーサイト
 今週末は、新潟で都道府県対抗がある。国体のプレ大会というやつだ。
 ちなみに、来年の国体の大会名称はトキめき国体だそうな。

 で、都道府県対抗は所属県の代表として出場するので、うちのチームからは僕一人。そのほかサポートも誰もいないので、暑いさなかに補給をどうしたもんかと・・・。
 とりあえず、ボトルを補給地点に立てておくか。
 いちおう、乗車したままボトルは拾える・・・はずだ。

 ちょっと確かめよう、ということで裏ヤビツを登っている最中に、ボトルを地面に置いて、少し離れてUターン・・・しようかと思ったら、めったに来ない車が来てしまった。ボトルが、道路の真ん中ではないものの、真ん中よりでびみょー。踏むなよ?!と念じたが、まんまと踏んでいったよ・・・。立てたボトルは、踏むには抵抗のある大きさに見えるはずだがなあ・・・。まあ僕が悪いんだくそう。2台目の車は転がっているボトルを避けてくれたのに・・・ちぇ。
 踏まれたボトルは、幸い原形をとどめている。
 横になって拾いにくいが、ほいっ、と手を伸ばすと、やっぱり拾えたぜ♪(←すっかり機嫌は直っている)

 これなら、たぶん補給地点は多分登りだし、車列から外れれば、集団に迷惑をかけずにボトル(あるいはサコッシュ)を拾えるなー・・・と思ったら、オフィシャルの補給がいるらしい。
 それにしたって、補給地点に捨てたボトルを拾ってくれる身内がいないので、回収できなかったときのことを考えて、今回は汚くなった捨てボトルを持っていくか~。
 先週末はチームの合宿だった。

 戦略的頭脳の育成から始まり、風水の検証に至ってカードの采配はチーム内不和を生むようであり、とりあえず若者は蚊取り線香を買いに暑い中、自転車で峠を下る。

 ん? 何しにいってたかって? やだなあ、合宿です。罰ゲームつきの大貧民なんて・・・。

 練習では、古戦場『麦草峠』に登った。ツール・ド・信州でなんどか登ったけど、練習のイーブンペースで登るとやたら長く感じられた・・・。

 登坂力について、なかなかいい材料が見当たらないが、まあ調子悪いんだろうな。足重いし。
 涼しくなったら回復していくだろう。

 ところで、宿泊地は緑豊かだが、そのぶんお外は虫がぶんぶん飛んでいる。
 侵入した虫を、なぎ払えっ、と言ったのだったかなんだったか、そんな台詞にシュンタロさんが反応した。ここにチームなぎ払えが結成されたのだった。
 凛とした声で命令されれば、溶けかけたカラダでもそりゃあがんばっちゃいますよ(?)
 タイトルは、まったくもって意味がない。

 さて、今日はカズ、カネコと一緒にLSD。
 出掛けに某誌の編集長を捕捉したが、別ルートに逃げられてしまった。ちぇっ。
 それにしても暑い・・・暑くて無闇に心拍が高い。涼を求めてLSDながらも都民の森を登り、奥多摩湖に降りる。25℃まで気温が落ちたのは、頂上のみで、湖岸は30℃に逆戻り。それでも平野部よりは涼しいのだろうが。
 正午が近づき、下界に下りるにしたがって、肺がおかしい。カラダセンサーが光化学スモッグを検知しているのだ。わずかでも深い呼吸をすると、胸がむせ返って咳が出る。この状態は、帰宅してシャワーを浴びて、ご飯を食べている間も戻らない。よくないぞ、光化学スモッグ。

 北京オリンピックが始まった。大気汚染が心配されているなかでの開催だが、東京だって相当なもんだと今日思った。東京も開催地として誘致活動していたと思うけど、これでは北京のことをとやかく言えないと思う。
 北京の何回後の開催を狙っているか忘れたが、その頃には東京の汚染もひどくなっているかもしれない。逆に、よくなっているかもしれないが、それは楽観が過ぎるね。

 石原都知事に、こんどは都下を走る車はすべて電気自動車!と規制をしてもらうしかないな。

 さて、明日はどこに行こうか。涼を求めて西へ。別に天竺まで行かんでもいい。富士山麓までたどり着くと多少涼しいはずだが、猛暑の中、時間的に乗り過ぎかな・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。