2008/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2008/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080520180911
駐車場はいつもこんな感じ。
部屋からちょうど見えたので。

これからマッサージ。
スポンサーサイト
すごい観客でした。
自転車に関わる人間としてはうれしい限りです。

コースはまったいらながらも、一カ所だけ峠の雰囲気をかもした丘があり、そこがアクセントになっているレイアウト。

序盤から、いきなり総合争いに関係する選手多数を含んだ逃げが決まり、1分半のアドバンテージを稼ぎだした。
集団の先頭を各チームが牽引したが終盤はニッポの強力な列車で30秒まで詰まる。
ニッポの井上和郎が総合上位ながら逃げに乗れなかったからという理由でこの動きなわけだが、それにしても逃げている選手より少ない数で差を詰める強力な引きだった。

30秒ほどの差で最後の登りへ。追走はややばらけながら、下りに突入するも追い付かず、逃げグループのスプリントを後方で見つつのゴール。

優勝は福島晋一選手。

先頭とのタイム差はついたものの、最悪の事態は避けられたようだ。もっとも、僕は些か難しいタイム差を既に頂いているわけだけど、厳しいステージはこれからだから、粘っていく。
そのために、今日はチームメイトたちに休ませて貰った。

明日は登りの厳しい飯田ステージ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。