2008/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2008/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月27日は、2008シーズンJツアーの第一戦。

 金曜、移動日前日に軽く流すが、体調が悪い。足も回復していない。早々に帰宅。水際で防いでいる風邪が、まだどこかでくすぶっている。
 早朝の集合場所に、電車で輪行というのはできそうになかったので、監督にメールを入れて、朝ゆっくりして、自分の車で直接現地に行くことにした。

 土曜、現地は冷たい雨が降り続いた。みなかみ町でパレード走行が行なわれる予定だが、この体調で雨に打たれたくないな、と思っていたら、中止となった。良かった。宿で、チームメイトと交代でローラー台を使う。
 ローラーに乗っていると、筋肉の張りが出てきた。筋肉の疲労が表面化するというかなんというか、突発的に激痛がでて、ペダリングに支障が出るくらいの痛みになるのだ。
 足を止めてはストレッチしながらの一時間。張りが解消されないまま、ローラーを降りた。

 翌レース当日、雨が上がりおおむね快適な気温。
 チームブースでアップしているとやはり足が痛くて、ろくに体を温められない。ローラーでのアップをあきらめ、会場外の坂をゆっくりと一回上ってスタートを迎えた。

 レースは第一戦とあってかそれとも賞金100万円が掛かっているからか、集団内がやや危なっかしい。早めに最前線に上がってアタックに対応できるようにしたいところ。
 ひとまず決まった逃げに、小室さんが乗っている。
 追撃のアタックが掛かったので、加速して一気にそれに飛びついた。心臓破りの坂からホームストレートを経て、逃げグループに追いついたが、程なく集団もそれを吸収。
 アタックが散発するなか、ホームストレートから下りに掛けての箇所で、逃げが決まる。集団の中で休む必要があったため、見送るしかなかった。幸い、チームメイトのアーサーが猛烈な勢いでこれにつくところを視界に捉えたので良しとしたが、アーサーはメカトラに見舞われて脱落。
 コムレイド・ジャイアントは、決定的な逃げに誰も乗っていない状態となった。

 逃げが先行するものの、追撃グループが形成されるのが例年のパターン。実際、幾度かの追撃がおこってグループが形成されるが、今ひとつまとまらずに終わる。
 僕自身は、この動きのほとんど全部に対応していたので、今年はこれまでと違うレースが出来そうだと思うが、このレースの現実は集団に取り残された選手の一人。
 追撃が決まりかけるものの、ローテーションが鈍くすぐに集団にとらわれる。僕としても、アシストの駒数が揃ったチームと同等にローテーションしたら、追いついてから勝負にならないので、なるべく手を抜きたいところ。そういう一人一人の思惑がローテーションを鈍くさせたのか。

 アンカーの柿沼、長沼両選手が力を費やして、最終局面で逃げに追いついたが、この動きに臆せず同調すれば良かった。
 賢しく足を残すのも必要だけれども、今回は思い切りがなかった。

 最終ラップ、心臓破りからゴールまでで、思い切りがなかったから、坂で出遅れてしまった。
 心臓破りでもがきあいになると、集団は力の残っている順に寸断されることが、それまでのアタックで分かっていた。寸断されたグループごとに、ゴールラインめがけてのスプリントになるから、グループ内で着順は上下するが、勇気を持って先に仕掛ければ、少しでも前のグループで、少しでもいい順位でゴールできたはず。
 思い切りがなかったから、今までと代わり映えのない順位でゴールしてしまった。

 これでは面白くない。動けるという実感はあるから、レースが楽しみではあるのだが。

 
スポンサーサイト
 風邪は、相変わらず水際で堰き止めている。
 メニューもしっかりこなせた。

 体調が悪くて、少し走り出しが息苦しかった。今日はカズとかねこの三人だったが、二人の後ろで気を緩めると車間があいている。
 メニューのこともあって、道志行きを提案したが、少しつらい。
 メニューをはじめるとカズにぶっちぎられた。まあ、万全の状態でも登りでカズとはまともな勝負になることが・・・めったにない。たまにはあるとうそぶいておこう。
 セットはすべてこなしたけど、きつくて追い込み具合が足らないまま千切れている気がする。

 仕方ないか、と思い帰路へ。
 道志の帰りでも、カズがインターバルをするというので付き合った。帰りのアップダウンはパワー系で押し切るタイプなので地形効果で補正。勝負になる。412号の突き当りまで、坂のピークをゴールラインに何本かもがいて、こんどはちゃんと追い込めた。

 さて、とりあえずメニューは完遂したが、今日の内容を見てもわかるように、Jツアーの第一戦後は、ヒルクライムについて考えないとな・・・。
 考える、というのは、身体能力の開発もそうなんだけど、リズムとか力を発揮させる方法も含めて考えるということで、身体のほうは急には伸びないから。でも、そういうのも含めて能力だよね。
 一日、何千キロカロリーも体内で燃やして、そりゃ疲れる。
 疲労と、ダイエットと、春めいてきたところに油断して、風邪の予兆。
 水際で食い止めているが予断は許さない。

 暖かい装備を用意して、練習もこなした。帰ってからしっかりケア。サプリメントの力も借りる。
 明日の練習メニューをこなして、後はJツアー第一戦まで回復させるだけ。

 さ、寝る。それが一番。
 ああ、何であれしきの引力圏から脱出できない。
 独走に持ち込んで追走したが、一周走って集団に戻ってしまった。

 もっと出力を出し続ける練習もしないとな。インターバル練習も必要だが、やることがいっぱいあって大変だ。時間はないぞ。
 走れなさにいらいらして、暗黒面が首をもたげる。未熟だな。

 しかし、練習内容として、もっと追い込めたのではないかな。しっかり目的を持って走らなければ、交通費を無駄にするだけだ。

 レース後はチームのグランドファーザーとざわさんに声を掛けていただいた。いいところが見せられなくて申し訳ない・・・。

 そういえば、今回のレースは、鎖骨ポッキーズのインチョーも駆けつけた。ぴくっ、とチタン強化された左肩を叩いてみたくなったがぐっとこらえる。暗黒面のせいではない、ただのいたずら心だ。
 早く俺の脚を揉んでください。

 そして、今回の移動は、イシガミサーンとカズとのトリオで。馬鹿っぷりトークのおかげで暗黒面は影を潜める。イシガミサーンとは、ものすごく久しぶりの一緒の遠征だ。
 ああ、楽しかった。明日またいっぱい練習しよう。
 こないだの土曜は、チームメイトのすどうくん、シュンと乗った。
 そしたら、火曜日もシュンが乗ろうと言ってきたので待ち合わせて練習。
 こんどは、カズを交えた三人。

 僕は距離を乗るつもりだったので、シュンがいることなどお構い無しのコース設定。いぢめか?
 シュンには翌日の練習も誘っておき、適当にUターンしてもらう。
 カズもMTBで来ていたので、無理をしなくていいから・・・と結局最後まで一緒に走りきってしまう。
 LSDとはいえ、アベレージ30kmの190キロをMTBで付いてくるのだから、さすがだな。さすがにへとへとみたいだったが・・・。
 カズを途中まで送り、八王子市街の甲州街道~16号を爆走して10キロ付け足し、予定の200キロ完遂。

 さらに水曜日は、登りがちなコース設定で、再び距離と時間を乗る。
 小さなレースが小刻みに続き、練習メニュー的にも強度の高いことをやっていたので、ここいらでもう一回、練習にボリュームをつけておく。
 この先、レースは100キロを下回らないから、耐久力的にも強度的にも体をさらに仕上げていかなくては。
 顔ぶれも一緒。カズもさすがに今日はロードバイクで来た。
 で、序盤はシュンが筋肉パワーでぐいぐい引く。ちょっとつらいが、峠がちになると、シュンさん力尽きてきた。いぢめか?
 3月にケチョンケチョンにされたから、お返しだー、ワハハハ。

 下り基調の道志みちを疾走して城山帰還。この時点で180キロを超えている。集合までに25キロ乗ってきているシュンを放置して解散。いぢめか?

 いいんだ、やつは今日は焼肉だ。脂肪燃やしとけー。ひがみじゃないぞ。 
 先日、新しい体重計を買った。
 これまでの製品は、デジタルだが体重だけしか計測できないもの。新しく購入したのは、体脂肪が部位別に計測され、基礎代謝や骨格筋率、肉体年齢、内臓脂肪レベルなど、いろいろ分かるなかなかのお値段のもの。
 昨年もしっかり体を絞ったが、今年はそれ以上に脂肪をそぎ落としたい。
 いろいろデータを見れるからといって、それが直接ダイエットに役立つかというとそうでもない。だって、結局のところ、痩せるには、摂取カロリーより消費カロリーを高くするだけなんだから。
 でもまあ、そういう道具を使って数値を目で見て実感するのはよいかと、朝夕新しい体重計に乗っかっている。

 部位別に見て、脚部に脂肪が多い。
 腕なら腕、足なら足、という風に、動かす部分の脂肪が燃焼されるわけではないとは聞いていたけど、そのとおりだったな・・・。
 体幹は脂肪がかなり少ないのに、足の筋肉のまわりを、ふにふにと脂肪がついている。
 こいつめ、どこの部位に移動させれば燃えて消えてくれるのだ? と脂肪を体幹に向かって揉みあげてみたりして・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。