2008/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2008/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日曜日は平塚競輪場で開催された試乗会に、ジャイアントブース要員として行ってきました。

 といっても、有名選手ではないので、普通にスタッフに紛れてお手伝いです。
 わずかな距離をちょろっと乗るだけですが、ちょろっと乗れるだけでも、まったく乗らないよりかは、自転車が好みのタイプかそうでないか、ずいぶんわかります。
 高い買い物なので、皆さん真剣です。
 自分の乗り継いだフレームや、物欲とともに蓄えた知識を総動員してお客さんにお答えします。

 少し驚いたのが、お客さんは町乗りの軽快車であっても、スペックなどをきちんと知ろうと質問されることです。軽快車に関する質問は、知識皆無なのではわはわしてしまいますから、素早く視線を走らせて、手の空いたほかのスタッフを捕まえねばなりませんが、ロックオンに失敗すると質問攻めに撃墜されます。
 ああいう場に来るのは、ロードやMTBの競技性の強い乗り物目当てでくる人ばかりと思っていましたが、大事に乗ろうとする人、軽快車でも機能をフルにどんどん活用する人にとっては、僕らにとってのロードやMTBと同じなんだと思いました。


<以下たわごと>
 ブース裏では、監督が僕の今年の主戦マシンをカスタムしています。
 僕の今年のマシンはアライアンス0です。
 ゼロです。零式です。カスタムしているので改が付きます。

 アルミとカーボンのハイブリッド車で、完成車売りのみ。価格帯で言うと、ちょっといいレベルの入門グレードかもしれませんが、車体重量はパーツを変えると上位モデルと同様の軽さに変わっていきますから、初めて買った人が、レースにハマッていって、実力アップとともにバージョンアップさせられるモデルですね。
 そこで、僕も今年は軽量マニアになってみようかと画策中なのです。

 ただいま練習ホイール装着で7.7キロ。
 いい加減、自分の体もダイエットしろ。62キロ。


 ご家族連れでご来場のコバヤシさん、ありがとうございました。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。