2007/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2007/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 明日はジャパンカップに向けて、宇都宮に出発。
 厚木でマッサージを済ませて帰る車内・・・なんだかわからんが、だんだん気分が沈んできた。
 まったく・・・。
 レースはしゃきっとがんばるぜ。

 そうそう、うろうろ探し回ったけどレッグウォーマー見つからない。安くないんだけどなあ。
スポンサーサイト
 ノー! 暑くて背中のポケットに入れておいたレッグウォーマーを落っことしてしまった・・・。
 いや、一回停まったときにポケットから出して、無造作に置いたのを忘れたのか、それともコンビニで補給したときか・・・。

 近場を夕方になってから車で回ってみたけど、見つからなかった。もったいな~い。
 明日の練習は、ゆっくり同じコースをまわるか??

 仕方がないので、古いレッグウォーマーを引っ張り出した。長らく使っていた品で、もうすけすけです。
 なんとミズノ製。いったい何年前に買ったかというと・・・考えたくなくなった。
 気分が沈む・・・いかんいかん。

 南紀白浜で行なわれたクリテリウムは、まあ日記の出だしで予想できるように下手を打った。
 一つ目に出来たかなり有効な逃げには乗った。後ろの集団の様子はよくわからないが、決定的になりそうな人数の逃げを許容してくれず、捕まってしまった。
 その直後に出来た5人の逃げは、Jツアー争いにまったく関係がなく、ツアーリーダーを守りたいミヤタには美味しい逃げだった。(逃げ切ってくれたら、鈴木真理選手のリーダーが確定するからだ)
 ミヤタは許容しても、集団のアタックの応酬による勢いで、再び捕まると予想したのだが、ものの半周で一分も差がついてしまった。
 愕然とした。

 単独や少人数で追っても、捕まえられる差ではない。圧倒的な速度差がないと。
 ピスト競技の団体追い抜きや、チームタイムトライアルを知っていれば分かることだ。
 なんとか集団を活性化させて捕まえ、そしてもう一度できた逃げに乗る。そんな都合のいい展開は、自分では作り出せなかった。

 じたばたして足を使い果たし、メイン集団のスプリントの中ほどでゴールした。
 二回目の逃げに乗れば良かったのだ。登りのあるレースならともかく、まっ平らで加速のきついレースでもない。とりあえず乗っておく、そんな気持ちで行けばよかった。
 なんて最悪な一手。
 一足先に、はつやまとカズは今シーズンを終えた。そんなわけで、最近はもっぱらかねこと一緒に練習だ。
 水曜は牧馬峠でメニューをこなし、二人してへろへろになってコンビニで休憩。と、そこでミヤタのふくだしんぺー選手と出会った。三人で談笑しながら補給を済ませて八王子をぐるりと回り、さらに甲州街道でYOUCANクラブのオオタさんを連行。
 しんぺー選手を宮ヶ瀬で見送ったあと、だんだん足が終わって30キロでへろへろ走って帰宅。別れ際のオオタさんは、軽やかにダンシングしていったので、引きが遅くて刺激が足らず、申し訳ないことしたかなー、などと思いながら風呂に入った。

 最近涼しく、いや、場合によっては寒くなって、風呂につかると体が思いのほか冷えているのが分かる。
 そして、疲労がいまいち抜け切らない。
 そこで今宵は、最近よくある大型公衆浴場でサウナに入ってきた。
 いちおう天然温泉であるようだ。以前耳にしたことがあるけど、日本はどこでもとりあえず、ずんがんずんがんあるていどの深度まで掘れば温泉が出るらしい。冷泉だったかな?
 あるていどの深度というやつが、そりゃあそこまで掘れば出るよ、ってくらい深いって話だったような気がする。
 機械の力だよね。

 さて入浴料金だが、ここは平日700円、休日900円だった。
 厚木は1500円くらいだったかな。
 土地によるのかな? 埼玉は4~500円だったような・・・。

 一時間ちょっと、サウナと温泉で過ごした。じわじわ汗が出るまでサウナにこもり、熱くなった身体で冷水浴。キンキンに冷えた身体で、ふたたび汗がでるまでサウナ・・・。
 冷温の反発による血管の拡張作用で血行がよくなるそうな。

 こらっ、サウナに入るときは身体をしっかりと拭かんか!
 こらっ、浴槽に入るときは静かに入れ! ざぶざぶ入るとめいわくだっ!

 ・・・と、70くらいのじーさんになったら、やかましいじーさんになろうかな・・・。
 先日のレースは、兵庫県の播磨中央森林公園(だったかな?)であった、サイクルロードレース加東。実業団のシリーズにも入っている。

 おおかたは、サイクリングタイムの記事にあるとおり。

 スタート前から足が重くて、すでにつりそうだったが、先頭の30名弱の集団に残り、最後の1キロを切った時点で、攻撃を試みることも出来た。場所が悪くて、ちっともサイクリングタイムの写真に写ってない(笑)
 ま、写真に写るためじゃなくて、勝つためにアタックしたんだ。
 でも、足が鈍くて射程が全然届かなかった。残り300mをスプリントする十数名に引っ付いてゴール。18位だった。次は届かせたい・・・。

 次の南紀白浜は、疲れをしっかり取らないとな。
 
 昨日、軽く走ってYOUCAN八王子にライセンスを預けに行ったら、ドイツから帰国したハツヤマがいた。
 日曜日の富士国際ヒルクライムの前日受付のために、ライセンスを持っていくように伝えておいたので、いるのは不思議ではないが。
 世界選も終わって、気が抜けきって疲れてるのかと思ったが、一緒に走るとそれなりにしゃきしゃき走る。でも話を聞くと時差ぼけは激しそうだ。

 翌日、チームカーを預かるために、今度は車でYOUCAN八王子に行くと、またハツヤマがいた。なんか鼻声になってねえっすか?

 送ってくれ? いいけど風邪うつすなよ~?

 Tシャツ一枚で出かけたら寒くなったので、チームカーの暖房を入れて送り届ける。
 そんなわけで、今夜、駐車場にはチームカーが鎮座まします。
 明日は僕がチームを引率。校長先生(?)は僕の車でご帰宅のはず。
 ネット上で、ダイエットを始める、という趣旨の健康食品の広告の写真をよく見る。
 これがまた、すごいおなかなわけだが・・・自転車中心に生活していると、なかなかお目にかからない肥満っぷりで、この写真と比べると自分は太ってますっていう知り合いだって、ものすごくスリムな部類に入ってしまう。

 で、安易にこの写真をけなすのは簡単だが、逆に言うと、自転車って自然にやせるんだなあ、と見方を変えてアピールすることにするよ。
 健康食品いらんがな。

 今日はNIPPOコルナゴのもーりー選手と光武・・・じゃない、甲武でもがいてきた。五本もだえたあと、今度は大垂水峠で熾烈で壮絶な・・・二人とも足が終わってへろへろパンチの応酬だ。
 さいきんは自分をコントロールすることを念頭においている。どんなに苦しくても、フォームを崩さず、呼吸も制御して、ペダリングを監視してベストの出力を維持する・・・それは当たり前なんだけど、それをもっともっと苦しいところで崩さずに・・・。
 次のレースはあざみラインだが、理想的なフォームを維持するのが最も難しい登りだ。
 ものすごい調子はいいと思う。
 ただ、余計なことしてしまった。調子がいいとはいえ、凡ミスひとつで先頭集団から遅れてしまう。動かずに、終盤まではメイングループに残れただろう。
 積極的なのもいいが、あれはどちらかというと周りが見えてない。動くべきときではなかった。

 流郷さんと、選手それぞれの反省点を話し合いながら八王子に戻った。

 コース上では知人からの声援があったが、正直、あんな格好で受ける声援は痛くてつらい。

 残りレースの数も少なくなる。調子を維持して、なんとかしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。