2007/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2007/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 おお、明るい~。
 ちっちゃいのに、明るいもんだねえ。

 白色蛍光電球とでもいうのか? 買ってきた。もはや球状とはいえないソフトクリーム状のぐにっとねじった形のやつ。
 いや、これでも普通の蛍光灯と比べりゃ暗いんだろうけどさ。


 さて、新しいシューズが来たのでクリートを付けなければ。

(クリートとは、シューズとペダルをジョイントさせる部分のでっぱりの部品。足を固定してしまうので、角度と前後位置にシビアな調整を要する)

 卸したてだから、クリートのジャストフィットなポジションの目印もなんにもない。一から合わせなければならないんだが、古いシューズと比べて、このくらい! と目分量で付けて試しに自転車に乗ってみたらなんとぴったりじゃない。
 なんと、10メートルおきに止まってちまちま動かだろうと自信満々に断言したが、奇跡級のフィットで、クリートを固定するネジは一度も緩ませる方向に回すことなく終わった。
 やるじゃない。

 今度はインソールを足にあったものに変えて更によし。
 ディアドラ、足にぴったりだ。
スポンサーサイト
 ここんとこ日記を書くペースが落ちているが、まあみっつよっつとやることがかさなると、そうなるわけだ。

 で、休憩がてら今日は書いてるんだけど・・・。

 部屋の暗さに勘弁ならーん!
 前にもこういう話題をしたような・・・。いまのアパートは白色蛍光灯じゃなくて、電球の、しかもふつうに電球色(もしくは肌色?)

 暗くて目が疲れる・・・。
 白色は目からの刺激で、夜になっても神経が夜になったことを察知せず、体内時計が狂う原因になるそうだ。
 ふむふむと感心してその時はこの電球を使い続ける気になったが、少なくとも日没とともに眠りにつく生活ではないので、やっぱり暗いのは困るー。るー。

 そういうわけで電球型の白色蛍光電球をかってくる!!
 今すぐ買ってくる!!
 長い球形、いや休憩になりそうだ・・・。

 
 いや、血は足りてますが、疲れるので食わねば。
 が、食うにも程度はあるよな。

 チームメイトと合流してここ数日。仕上がり具合の差が歴然としていて練習が相対的にきついものに感じられる。
 疲労もあるのでじゃらじゃらとサプリメントのお世話になっている。

 うう~、と苦しみ、ぶるぶる震え、カプセルの錠剤を慌てながら取り出しごくりと飲み下してほっと息をつく・・・と少し怪しまれそうな、普通にカプセルみたいなサプリメントです。

 そうそう、新しいチームメイトのことはおいおい紹介するとして、今日はユズルとも一緒だった。
 新しいチームで頑張っているようだし、元気そうで何よりだ。
 シーズン前でほっぺたふっくらしてんけど。
 それを言ったら俺も3キロ太いな・・・。
 先日のこと。
 朝いきなり停電した。冬の島根、天気が悪くて7時になっても薄暗い。
 いつまでたっても復旧しないので電力会社に電話したみた。携帯の電波も悪くて『もしもし?もしもし?!』と不機嫌になることこの上ない。結局、電波状況のせいで電話は切れてしまった。掛けなおすが、今度は回線が混み合って繋がらなかった。

 ちなみに、最近の多機能な固定電話は、電力供給がないと使用不能だったのだ! これはイカンでないの? もしかして停電モードとかあるのかな・・・。

 更に十数分、復旧しない。
 仕方ないから、嫁に行った姉貴2号に電話をしてみる。どうやらあちらはいつもどおりの朝らしい。
 なぜだ、なぜここ一帯だけ停まっているのだ? かつては有線(地域の無料電話みたいなやつ。防災情報なども流した。老朽化とともに廃止)で情報を流してくれただろうに、こうなるとまったく情報が無い。

 姉貴2号が一言。テレビでもつけて見れば?(ほんとは訛ってんだけど)

・・・なるほど、彼女はケーブルテレビの市内情報チャンネルで情報を得てはどうかと、そう言っているわけなのだ。なるほど・・・。

 だから停電だっっっ!
 木~金に関東に戻る予定だったのだけど、週末に姉貴2号たちが遊びに来るというので、まあ家族集合ということで出発を日曜にずらした。

 というわけで、明日は筋肉の程よい回復状態でトレーニングジムにいけるな。この週末はまたしても天気が崩れるようで乗れないから、まあしっかり筋力アップを図っておこう。
http://www.afpbb.com/article/1286896

 昆虫の羽ばたきのメカニズムが解明されたというニュース。

 子供の頃、教科書で読んだのだかなんだったか、小さな昆虫がなぜ物理的に飛ぶことができているのかわからない、とか、実は虫は自分が飛べないことを知らないから飛べるのだ、とかなんとか、そういった読み物があった。

 ああ、でもちゃんと飛べるだけの理由があったんだね。

 この技術で超小型カメラを飛ばすだのなんだのこの記事には書いてあるが、俺はフラップター(?)が欲しいよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。