2006/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2007/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日のネタはこれしかない・・・。

 親父殿と母上様が、なぜか一階にある振り子時計を新調してきた。鴨居のところに掛ける、よくある大きさだ。
 昔からあるやつは、僕が生まれる前からあった。
 かっこかっこ、と控えめな音を立てて振り子がゆれる。チクタクではないね。あの音は。
 掘りごたつに足を突っ込んでうたた寝などしていると、子守唄のようであった。いまでも、静かな家でこの音を耳に見あげると、かなり懐かしい心象が胸に去来するのだ。
 しかし、古いだけあって時間の正確さに欠け、時間もちょくちょく遅れるようになって、それでも使い続けてずいぶん経つ。
 たぶん、もう家族の誰も、あの時計を見あげて時間を知ろうは思っていないだろう。
 あの時計は、もう日ごとの小さな時間を刻んでいるのではなく、長く緩やかで大きな時間の流れを、僕らと一緒に漂っているに違いない。
 だから、新しい時計に場所を譲っても新しい場所で僕らと一緒にすごしている。

 で、新入り君なのだが・・・きーんこーんかーんこーん・・・と時間を告げる。チャイムか・・・! 何でこれを選んだのだ・・・すごくうるさいぞ・・・。
スポンサーサイト
 新聞を読んでたら、県内のスキー場が雪不足で開店休業中だという記事があった。この暖冬ではさもありなん。

 今年から開催する飯南ヒルクライムのスタート地点、琴引フォレストパークは、初中級コースが人工雪でかろうじて営業しているそうだ。
 三瓶の東の原は、寂しいものだ。

 旭テングストンも厳しいらしいが、おとなりの瑞穂ハイランドはハイランドというだけあって、唯一自然降雪で営業しているらしい。
 確かに図抜けて標高が高い。雲海ロードから、更に見上げる位置にスキー場の斜面が見えるのだ。

 別にスキーは滑れないけど、あんな高いところに開けた景色って、面白そうだ。
 いい道がついてたら、当然のように石見ライドのコースにするだろうが、残念ながらU字曲線を描く県境で見事にどん詰まりなのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。